【NURO光】の工事費実質無料の『実質』ってどういう意味?つまり工事費は掛かるの?掛からないの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NURO光の公式サイトを見てみると、

「基本工事費 40,000円実質無料!」と書かれています。

「無料」ではなく「実質無料」。これは果たしてどういう意味なのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました!

1. 請求はされる。

開通2ヶ月目から31ヶ月目までの間、
工事費40,000円を30回に分割して、毎月1,333円が基本料金に加算されて請求されます。

2. それと同時に同額が割引きされる。

 毎月1,333円請求されると同時に、
キャンペーン割引きとして毎月1,334円が自動で割引されます。
これは明細にも記載されるようです。

3. 実際に払う月々の料金は…?

というわけで実際に毎月支払う額は1,334円を引いた、4,742円です。
どうやら、実質無料というのは
「請求はするけど自動で割引きしておくから気にしなくていいよ」
ってことみたいですね。

 

と、ここでちょっと疑問に思うことがあると思います。

途中で解約したらどうなるの?


これは恐らく皆さん気になるところではないでしょうか?

最初に説明したとおり、

工事費40,000円は、開通2ヶ月目から31ヶ月目までの間に分割して請求されます。

となっていますが、31ヶ月(約2年半)の途中で引っ越しや転勤などでNURO光

解約することになった場合、工事費は一体どうなるのか。

調べてみました。

残っている分はキャンペーンは適用されず、一括でお支払い。

どうやら、途中で解約すると残りの分は割引されず、自分で支払うことになるようです。

例えば、開通から12ヶ月で解約した場合、分割は19回残っているので、
19 × 1,333円 = 25,327円が請求されることになります。

このことは意外と知らずにNURO光を契約している方も多いのではないでしょうか?

つまり「工事費実質無料」というのは…?

31ヶ月以上契約し続けると、無料!

31ヶ月未満で解約すると、有料。

ということでした。

更に詳しいことはNURO光の公式サイトをチェックしてみましょう。

では!