【ネタバレ感想】亜人ちゃんは語りたい7巻のレビューを集めてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気漫画「亜人ちゃんは語りたい」7巻のレビューを集めてみました

「遂に登場した六人目の亜人ちゃんはウチナンチュの読心能力者、キジムナー! 相変わらず冴え渡る作者による亜人が持つ能力考察はテレパスの科学的可能性にまで肉薄していく。そして遂に物語は新しいキャラクターの登場を受けて更に大きく動き出す!! その体内に亜空間を宿すJK京マチ子、もとい町京子と座敷童子とが遭遇するとき、世界は崩壊する! …とかなんとか例の面白大好き大学教授が豪語(?)するところで今回はおしまい。ちなみにずっと年イチペースだったけど次の巻は今年の冬に出るらしいぞい。アニメ2期近いのか? オープニング変えないで欲しいなぁ。」

「新たなキジムナーの亜人が留学生として登場し、高橋先生も思い切り語れて大満足な第7巻。亜人ちゃんは語りたいよりも、高橋先生は語りたいの方が趣旨にあってるんじゃないかと思う今日このごろ。人の意志がなんとなくわかる薫に影響され、町がついに告白!?格好つけポーズつけてたカッコイイ大人の高橋先生がブーメランしてて笑。町の気持ちを汲んで高橋先生を諭す佐藤先生が素晴らしい。そして、その後の高橋先生の意味深な言葉が超気になります! なんつつつっつつつつつつつつてててが痛々しい佐藤先生もらってあげて!!!!!!!」

「夏休みを目前に沖縄から、キジムナーの亜人<デミ>ちゃんがやって来た!ちょっと斜に構えた彼女の特別な能力は、恋や友情を近づけたり遠ざけたりと大活躍……!?キジムナー旋風、台風のごとし!ハイスクール亜人コメディ第7巻!」

ぜひ読んでみてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。