【有能グラボ】「MSI GeForce GTX1060 AERO ITX 6G OC」レビューまとめ!皆の評価は?気になる静音性は?コスパ最強ってマジ?

はい、こんにちは。今回は、Amazonや価格.comでもランキング上位の大人気グラボ「MSI GeForce GTX1060 AERO ITX 6G OC」のレビューをまとめていきます。信頼性の高いMSIのGTX1060ということで、発売から1年以上経っても今なお人気を保ち続けている製品です。ワンランク上のグラボを使いたいという方には打って付けのモデルと言えますね。
というわけで早速ユーザーの皆さんの感想をみていきましょう。


シングルファン、ショート基盤で購入前は多少怖さはあったのですが、これが案外よく出来てます。放熱性もバッチリ。ファンも静かで優れた製品だと思ってます。CODWW2をfullhd画質で最高設定にしても60fps以上ちゃんと出ます。中間設定なら100fps前後出てかなり満足しています。3Dゲームをガチでやる方でもかなり耐久性に関しても安心して使えるモデルではないでしょうか


GTX760からの載せ換えです。初めて自分で交換してから1カ月ほど経ちますが、特に不具合もなく一安心です。音も静かです。このスペックなら、当分の間は最新ゲームも問題なくプレイ出来るはず。あと、これに替えたら無双できると思ってましたが、全然できません。撃ち負けます。やはり道具は関係ないですね。


PCの中身入れ替えに伴い、2世代前のビデオカードから乗り換えで購入。予算的に今回のGTX1060を選択。一応、1060であるが、補助電源ケーブルは1本、ファンも一本と一寸寂しい。但し、メモリは6Gと奮発しているのでゲーム等では活躍しそうである。今のところ、ファンは思ったより静かである。そして、コスト的にも満足!


玄人志向の1050Tiの調子が悪くなったため買い替えました、このモデルはHDMIが2つあるので非常に助かります。また、負荷をかけても、すぐ温度が下がるので安心です、また外排気もあるのでそのおかげで温度の下がりが速いのかもしれません。あとはこのグラボが2世代くらいあとまで持てばいいかなといった感じです。構成は i5-8400 GIGABYTE H370HD3 メモリ16GBで使用中です。144hzモニターを使うわけではないのでこのぐらいのスペックで満足しています。


GTX650 1GB から乗り換えです。普段の環境は 1360×768 でゲームしています。CPU が i5-2500 なので足引っ張り気味ですがPUBG は全低設定で 30fps 出るか出ないかだったのが高設定で 100fps を超えるようになりました。Fallout4 も自動設定でウルトラ、重めのところだと 40fps 程度ですがそれ以外のところでは 60fps 維持できています。ZERO FROZR でアイドル時や50-60度まではファンが完全に停止するので静かです。ただ自分の個体がはずれだったのか負荷時にコイル鳴きが稀にあるので静穏 PC を組みたい方は気になるかも。ファンの音は気になりません。小さめのカードではありますが出力端子が HDMIx2/DVIx1/DPx2 と揃ってます。ベンチは FHD で取ってますが650より大幅にスコアが上がり視覚的な数字でも満足です。


自宅でSubstancePainterを使うために購入。仕事ではGTX1070 8Gを使用していますが、高価なため価格的にランク下のGTX1060 6GBを購入。スペック比較では1050程の落差は無く大丈夫だろうと思いましたが、実際に使ってみるとビューのレスポンスが2/3メモリも6GB付近を行ったり来たりで、思いの外、差があり、快適には少し足りないスペックでした。とは言え、ローモデル100万ポリ、4K数十枚のデータでの検証なので、普段使いにはちょうど良いと思います。


交換前のカードだとsataケーブルがL字型でも押し潰される形だったので、サイズに余裕ができるショートタイプは重宝しました。ケース内がすっきりして全体の冷却効率が上がったようです。電力消費もほぼ半分となり、満足度はかなり高いです。


GTX1060の6GBの相場より安く買えるので満足です。オキュラス用に購入をしましたが、全く問題ありません。費用対効果が抜群なので、おすすめです。

高負荷での長時間稼働でとても安定して動いています。発熱もそれほどではなく、性能はかなり高いです。音も静かなほうです。

この製品 NVIDIA GeForce GTX 1060 6GBは
16nmプロセス GP106(Revision A1) GPU
GDDR5 8Gbps 192bit 帯域幅 192GB/s 6GB メモリ(Hynix製のようです)
1280 CUDAコア
48 ROPs
DirectX 12
OpenGL 4.6
補助電源 6pin×1

という仕様になっています。SLIはサポートされません。

動作クロックおよび消費電力はMSIによるOC品なのでNVIDIAの公称値と異なる可能性があります。クロックについてはより高いと思われますが、消費電力については正確なところはわかりません。しかし6ピン1系統(とPCI-E)のみの供給なのでそれほど高くはないはずです。プロセスがGTX 900シリーズの28nmから16nmへシュリンクしていることもあり、クロックが向上し大幅に電力あたりの性能が向上しています。メモリもなかなか高速です。容量も6GBあります。また、この製品はVRをサポートします。

PCの2スロットを占有します。長さは短めで導入しやすいと思います。
フルHD環境であればやや重めのゲームを含めほとんどストレスのない描画性能だと思います。
デュアルディスプレイも問題ありません。3万円半ばでの選択肢としては悪くないです。

 はい、というわけで以上「MSI GeForce GTX1060 AERO ITX 6G OC」のレビューをまとめてみました。いかがでしたでしょうか?
 人気製品ということでやはり高評価がとても多く、価格に見合った満足度の高いグラボだということがお分かり頂けたかと思います。購入予定の方はぜひ参考にしてくださいね。それではまた!

Amazonの詳細ページはこちら