【感想】科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌4巻のレビューをまとめてみた【ネタバレ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気漫画「科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌」4巻のレビューをまとめてみました。

「主役交代か!?と思うぐらいオリツエくん大活躍の巻です(笑)
話を膨らませる為に出した脇役が外伝やスピンオフでなく、まさかの本編主人公にランクアップ!?でも、それも新しくて良いんじゃないか?いや、むしろここからオリツエくん主役で行ってくれ!!と思わせる程に面白いオリツエくんエピソード
もっと頑張らないと、完全にオリツエくんに喰われるぞダイスケ(笑)」

「少ないというか…前巻と比べたら無いと言っても良いくらいの感覚。B地区への入場券はそこかしこで発行されているし、何て言うんだっけ?各話の開始をお知らせする一枚絵ではえちえちしてるんだけど、僕としては物足りないというか…。だから星四つ。申し訳ない。厭らしい子で

しかし種族ごとの男性観・女性観の設定が素晴らしい。クリーチャー娘との交際が主題だからこそ価値のある話というか、本来は異世界作品全てにこういう作者独自の設定があって欲しいとさえ思うんだけど。KAKERU先生は伊達に鬼才って呼ばれてないよね。本当にしっかり考えて作品を作ってる。是非とも巻末の描き下ろし2コママンガ「タウラちゃんの質問コーナー」まで読んで欲しい。

「kindle、もうなのか、ようやくなのか4巻目、と思ったらWeb配信でだいたい読んでた。大筋としてはあまり進まず、海辺で人魚姫を嫁取りして、ついでにケンタウロス連れて村に帰るべか、ってところまで。あとオリツエくんはその頃…っていう……難儀な人格やのぅ。殆どのページが著者のジャパフェミに真っ向から喧嘩売ってる様な演説に費やされていた感。エロいのとは別の意味でも、若い男の子には甘い毒になりかねない本だなあ、これ……。」

ぜひ読んでみてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。