【感想】虚構推理10巻のレビューを集めてみた【ネタバレあり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気漫画「虚構推理」10巻のレビューを集めてみました。

「前巻までの箸休みエピソードも好きだったが今巻はいよいよ虚構推理らしい依頼が来る
怪異の犯罪を虚構の現実でもって、どのように筋道立てて塗り替えるかが見どころ
あとデフォルメ絵とシリアス絵のバランスが良い
マンガとしての演出力がとても高いと思う
次巻も楽しみ」

「やっと本当の虚構推理二段目が始まったな~前回のJK編もひきずりつつ、いままでのはなかだるみ?つなぎ、なかやすみ?落ち込んだ販売数をどこまで回復できるか、このテンションいつまで持つだろうか、いまだにはっきりしないのは琴子の能力ふびんでならんわ~内容はちょっと期待、六花ふたたびだから三度もあり?」

「祝!TVアニメ化決定!ますます盛り上がりを見せる「虚構推理」シリーズ漫画版の最新10巻は、初表紙を飾った黒幕桜川六花が再登場!謎に満ちた彼女の私生活が明らかに!?さらに6月に発売が決定した「虚構推理 スリーピング・マーダー」が原作に先駆けて最速で漫画化!冒頭部が読めます!今回は遺産相続絡みの虚構推理合戦が展開される・・・ということで小説で読むのが今から楽しみですね!なお、漫画版でも10月発売の11巻で完結まで行くそうです笑そして、アニメはいつ頃から放送開始なんだろ?動く琴子と九郎、妖たちを早く観たい!笑」

ぜひ読んでみてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。