Steamで話題「NOSTALGIC TRAIN」のレビューをまとめてみた。日本の田舎の夏を超絶クオリティな3DCGで体感しよう!

みなさんこんにちは。今回は、Steamで6月に発売された話題のゲーム「NOSTALGIC TRAIN(ノスタルジックトレイン)」のレビューをまとめてみます。このゲームは超美麗なCGで描かれた日本の田舎を探索する作品です。Steamでは珍しいテーマな上に個人制作なのに超絶クオリティなゲームということで、発売前からネット上で話題となっていました。というわけで早速、ユーザーの感想を見ていきましょう。


とても良かった。ストーリーは少し分かりにくかったですが進めていくうちにぼんやりと見えてきて考えて感じるタイプのゲームでした。発売前から気になっていて即購入しましたが損は一切なかったです。電車がもうすこし風景が変わってくれれば最高だなと思いました。


三時間程プレイした感想です。まず世界観についてはあちこちで噂されている通り胸にこみ上げてくるものがあります。今は昔、道もまだ舗装されていない戦後すぐくらいのマップとストーリーで昔の趣があります。ストーリーについては非常に短く二時間程でクリアできます。全体的に暗い感じのストーリーで正直なところ、物足りなさを感じます。ストーリーの進め方に関しては全く説明がなく全体の流れを把握出来るまで時間がかかりました。さすがに「右クリックでヒントをさがす」何のことかわかりません。どのようなヒントがどこにどのような形で現れるのかも明記してほしいところ、製作者様のエゴを感じます。しかしセンスと発想は素晴らしいです。製作者が自分なりに調べてゲームに反映していて少し狭いですが面白いマップに仕上がっています。次回作を期待して待っています。


フリーモードだけをやった感想。かなり美しいと思いましたよ。歩き回って少年時代を思い出す感じです。フィールドは狭く、20分あれば全てを見終えるレベルです。ので短時間で楽しめます。

風景とか雰囲気は申し分ありません。しかしマップが狭すぎます、これで2000円では高すぎます。謎解きとかのゲーム性が無いしストーリーが重くてついついスキップしてしまいやることがわからなくなります。


作品とは、 大きく分けて 「お金を稼ぐためのもの」「人を楽しませるためのもの」、「人に何かを伝えるためのもの」に分かれるが、この作品は「人に何かを伝えるための物」の部類。最初は風景を楽しむだけだと思っていた。
●良いところ
・クリエイターのセンスには素晴らしいものがある
・音楽のチョイスも素晴らしい
・技術の進歩があってこそ実現できる要素
・新しい可能性を秘めたジャンル
・ゲームでこんな気持ちになったのは初めてだ
●残念なところ
・天候変化でほとんどが霧になってしまうため景色を楽しめない
・せめてフリーモードでは天候変化を止めてほしい
・そうしないと散歩する楽しみがなくなる
・話に出てくるアイテムや、演出がないため
・ほとんど本を読んでいる気分で、ゲームとしてはどうかと思う
・せっかく映像と音声があるのだからもう少し実体がほしかった
・一部テクスチャーが荒すぎて違和感が出ている場所がある


ストーリーモードをクリアしての感想です。
【総評】
真夏の田舎、夏霧という小さな集落を巡る物語です。箱庭を散策して散らばったストーリーを集めて繋げていく、歩くノベルゲームです。謎を解き明かすという紹介ですが、謎解き要素はほぼありません。いわゆる「日本の原風景」に点在する物語を追う中で、郷愁を感じることができます。某夏休みゲームとはコンセプトが異なりますので、それを期待すると期待はずれかも知れません。ストーリーもドキドキワクワクといったものではなく、雰囲気にマッチした内容でした。
【良かった点】
・ホラー要素やアクション要素が一切なく、純粋なADVとして楽しめる
・環境音やBGMが雰囲気にマッチしており、歩き回るだけでもコンセプトを感じられる
・読後にも郷愁を感じるストーリーで、雰囲気に沿った内容だった

【改善が必要かも知れない点】
・思った以上にマップが狭く、箱庭感が強く感じられる
・明るい場面で文章が表示されると、場合によっては文字が読めない
・天候変化が早く、真夏の陽射しを感じられるシーンがあまりなかった
・ストーリーが少々ファンタジー寄りで、合わない人には合わない
・全体的に若干ボリューム不足な感が否めない

ADVや箱庭ゲーが好きな自分にとっては満足な作品でした。
ただ、もう少し長く楽しめたら良かったとも思います。
次作品がでたら、ぜひ購入したいと思います。


景色は雰囲気が出ているが、日本の片田舎の村をイメージした公園を一回りできると言った程度の広さ。家には入れないし本当に雰囲気だけ味わう散歩ゲーム。これを買うくらいなら近所の公園へ出かけた方がいい。


当てのないぶらり一人旅が好きでよくやっているが、まさにこのような感じの場所がある。おうちでお散歩感覚ができ凄く良い。BGMも良い。ストーリーも好き。


田舎町を歩く、ただそれだけのゲーム。ゲームとしては物足りない感じもあるし、ストーリーモードは少し変わったサウンドノベル風なモノ。だからこそ惹かれるものがある。ゲーム性を求めて物足りないと感じた人も一度、ストーリーモードはやってほしい。是非とも『私』と共に結末を見てほしい。

はい。というわけで以上「NOSTALGIC TRAIN」のレビューをまとめてみました。いかかでしたでしょうか?少々、賛否両論といった感じはありますが、Unreal Engine 4で見事につくられたこの「田舎の夏」は一見の価値ありでしょう。2,000円と低価格なので気になった方はぜひプレイしてみましょう!
それではまた。

「NOSTALGIC TRAIN」Steamページ