【感想】お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。3巻のレビューをまとめてみた【ネタバレあり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気ラノベ「お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。」3巻のレビューをまとめてみました。

「実は1巻冒頭から登場していたお嬢様ヒロイン「白星有栖」の再会により、主人公姫宮春一の周りの美少女率はますます上昇中であった3巻でした。
今巻も何だかんだでヒロイン達の手を差し伸べたりする等をきっかけに、主人公を中心に周りに様々な変化が表れていました。(ただし主人公は変化なし)
そして物語終盤でヒロインの一人、英玲奈の発言により、次巻は彼女がメインとなるのか。または有栖の通う「新奈女子」のキャラクターが登場し、春一を巻き込むのか(今巻の話を読む限り、出たら非常に面白そうだから)楽しみです。」

「夏休み回。1巻冒頭・2巻最後登場の長らく名前不明だった有栖ちゃんがメイン。主人公がバイトを始めた例の喫茶店に女子勢が顔を出し、カラオケ・キャンプへ繋がる。キャンプで協調性不足をアピールして、有栖ちゃんからの好感度ダウンを目論んだけれどBBQで実力を発揮したり、比奈ちゃんの相談に応じたり、華梨&英玲奈を助けに入ったり結果的に主人公は相変わらずの活躍ぶり。今巻も最高に楽しめた。」

「今回の最後にサブカル女子英玲奈さんが爆弾をぶち込みました。
次巻では英玲奈さんの活躍がかなり期待できるでしょう。
欲を云えば一人用テントで二人動画を楽しむ姿をもっと長く堪能したかった。
ライバルはカリンさんだけで十分なので、白星さんはもっと控え目にしてもらいたいところ。

洞ヶ瀬さんは中々良い味のあるキャラ。今後も活躍してほしい。
最終的には英玲奈=彼女 カリン=親友 という立ち位置で終わるのが望ましい。
次巻にも期待したい。」

ぜひ読んでみてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。