【ネタバレあり】乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…3巻のレビューを集めてみた【感想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気漫画「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」3巻のレビューを集めてみました。

「毎回カバーめくったら見られるイラストを楽しみにしていますが、性別交代バージョンのカタリナくんがなかなかイケメン。メイドが執事に着替えたらイケメンなアンが流石。無愛想だが魔性の美貌になるであろうニコルが素敵。腹黒だが優秀なジオルドは乙女ゲーの設定であって、カタリナ相手だとそうでもないのが実はポイントだと改めて。やはり可愛い方がいいですね。」

「うわー!続きがめっちゃ気になる所で終わるー!!

明かされる世界の闇の部分…。今までがカタリナさんに優しい世界過ぎて…いや物凄い努力の人ではあったんだけれども、このまま優しい世界で行くのかと油断してたせいなのかな?明るくコミカルな表情のキャラクター達とのギャップのせいなのかな?とにかく衝撃が凄い…。収録話のサブタイトルが不穏だったしそれが続くから覚悟はしてたんだけど、超えてきたね…。まさかこの人が?って…。復讐ってどういう事なの?誰に対する復讐なの?恥ずかしながら本当にただの逆ハーレム要員だと思ってたよ…。

この衝撃はゲーム世界物におけるシナリオの強制力を意識させている所がカギなのかな?そこからの未知のシナリオ突入は…ネタバレになっちゃうからこのくらいで止めておいた方が良いのかな?レビューって難しいね!

さて、今回の僕の一番のお気に入りは48ページ4コマ目のカタリナさんです。ご飯美味しく食べる女の子
って良いよね。

今巻も前巻と同様にカバー下イラストを元ネタにしたおよそ14ページの書き下ろし小説を収録しています。前巻のカバー下イラストは「ファンタジーRPGの世界に転生してしまった…」でしたね?今巻のカバー下イラストはいわゆるTSなので次巻の書き下ろし小説は…。」

ぜひ読んでみてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。