【必見】進撃の巨人28巻のレビューをまとめてみた!【ネタバレ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

進撃の巨人28巻の評価やレビューをまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

「今回は、盛りだくさんの内容です。

上層部が打開策を打ち出せないまま過ぎて行く時を待てず、またエレンを操り易い者に食べさせて始祖の巨人の力を兵団が使いやすいようにしようとするのに反発して、エレンを冠しフロック率いる若い兵士たちイェーガー派が台頭。
しかも憲兵団上層部達は、とあるジークたちの作戦により反抗ができないようにさせられる。

そして、お待たせしました。ガビが嫌いだった方々!まあ、彼女も洗脳、またはマインドコントロールされた被害者であったわけですが、今回の展開でわたしはちょっと(かなり)ざま~みろ!と思いました。
わたしはサシャのこと好きだったし、ガビは嫌いなタイプだったんですよね。彼女が報いを受ける時がとうとう来ました。だけど、ファルコどんだけいい奴なのよ。同じガビ側でもファルコは好きだわ。それなのに、ガビを庇ったせいでファルコはかなりやばい状態になってしまいました。。。
そして、心の広いサシャの両親。。。仇を許すこと。。。とても、難しいことです。

エレンとジークを、接触させたくない兵団でしたが、フロックたちにジークが勾留されている場所に案内するように、ハンジたちは拘束されてしまいます。

そしてエレンは、ミカサ、アルミン、ガビ(ガビはおまけ)とともに話し合いをするのですが、これまた酷いことを言ってミカサを泣かせます。エレンの本心はどこにあるのか?

また、ジークが何故両親を告発したか。ジークの悲しい少年時代が描かれています。両親は勝手に子供を駒にして期待し、失望する。そんな彼の心を救った(?)のは?そして、ジークの望みとは?

その頃リヴァイは、大きな森でジークを調査兵団の仲間と共に勾留していました。だけど、相手は曲者ジークです。何を企んでいるか分かりません。そして、まんまと計略にはまってしまいます。

激しい、リヴァイとジークの攻防の行方は?!

えっ!そこで終わるの!!ちょっと、続きはどうなるのよ!!!状態です。。。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。