【ネタバレ】真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました4巻のレビューをまとめてみた【感想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ラノベ「真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました」4巻のレビューをまとめてみました。

「レッドとルーティ、そしてリットが、かつての仲間との決別を経て、ついにゾルタンの街での真のスローライフを手に入れました。表紙のルーティの笑顔でいかに今が幸せか分かりませすね。やっと結ばれたレッドとリット、2人の未来に幸あれ。アスラの秘密は?そして最後に登場したハイエルフのヤランドララはどんな出来事を持ってきたのか。次巻はドラマCD付き特装版があるとのことで楽しみです。特典の池野先生書き下ろしおまけ漫画が尊い。」

「びっくりしました。もうハナから(いや前巻からか)終いまでずっと最終巻空気でしたから。後半謎が散りばめられてきて、されど収集されず、あげく「その後」が始まり……え? 締めるの? とさらに無念な気持ちが募りましたが……良かった!
スローライフもイチャラブもまだ読みたいし、「勇者」活動もアスラデーモンもまだまだ不穏。伏線たんまり気になります。
ドラマCDも決まり、今後の展開が(ストーリーも商業も)楽しみです。」

「スローライフはお預けし、『賢者』アレスとの因縁とルーティの『勇者』加護についての問題が解決する巻。ゾルタンに勇者パーティーが勢揃いしルーティをめぐり全面戦争へと突入する事に。決定的に道を違えてしまった二人の結末は当然ちゃ当然の結果だったが何とも言えん感じだな。『勇者』である事を拒否し自身の思いに素直になり道を選び進み出したルーティの挿絵が最高に良かったし読み終えた後の表紙もまた良かった。スローライフに戻ったレッド達の前に現れようとするかつての仲間は何をもたらすのか次巻も楽しみ。」

ぜひ読んでみてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。