【ネタバレ】スキーターらびっと!!1巻のレビューを集めてみた【感想】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気漫画「スキーターらびっと!!」1巻のレビューを集めてみました。

「らしいと言えばらしい内容。
ただのダンス漫画で終わる訳がなかった。

主役は二人の中2の女の子。
いや、3人か?
それぞれにそれぞれの性癖を持っていて…
作者が作者なので、そうなるかと納得。
青年誌か…

ダンスに固執する千花ちゃん、千花ちゃんと友達になりたい、そして、ダンスに興味が出てきた綾乃ちゃん、綾乃ちゃんの親友のミキちゃん。
他にも妹ちゃん他、まだまだ出てくる?

彼女たちはダンスで何を目指すのか?
期待の意味も込め☆4。」

「『無邪気の楽園』を描いた雨蘭先生の新作、今回は百合×エロ×ダンスコメディ…だそうです。読んでみると『無邪気』よりはエロは控えめ、代わりにダンスについて一通り詳しく丁寧に描かれているなと感じました。主人公…でいいのかな、表紙に描かれている女の子が女性の引き締まったボディに見とれてしまっていて、一体どこのおっさんかな?百合モノだというのでこれからの展開次第では激しくなっちゃうかも、興味のある方は是非。」

「ダンスがテーマで、全国大会で入賞するほどの女の子と、学校の授業のダンスすらまともに踊れない女の子が出会い、
友情を育みながら徐々に上手くなっていく物語なのだと思うのですが、時々差し込まれるエロ描写に一体何の意味があるのか分かりません。
「無邪気の楽園」では、ずばり「無邪気なエロ」がテーマだったので問題ありませんでしたが、
これは読者サービスか、作者が描きたいから描いているだけという印象しか残らないのです。作品として全く纏まっていない。

まさかそんなことはないと思いますが、その内ダンスとエロが見事に融合して
「ああ、作者は最初からこういう展開にするためにエロ描写を差し込んでいたのか!」
と驚かしてくれるのであれば良いのですが、それぞれのエロ描写に関連性があるようには見えませんので、多分それはないでしょう。

少しだけエッチなダンスがテーマの作品か、もしくは中学生のエロがテーマの作品のどちらかにした方が良かったような気がします。
なんだか不安な始まり方ですが、次巻も様子見で読んでみようと思います。」

ぜひ読んでみてね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。