【ネタバレ感想】「友達の妹が俺にだけウザい」のレビューを集めてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ラノベ「友達の妹が俺にだけウザい」の感想やレビューを集めてみました。

「タイトルの割にヒロインが3人用意されていて、しかも友人の妹よりも従姉妹の方に注力している感がありました。
主人公も友人妹に翻弄される流されタイプかと思いきや、有能設定だし思いのほか濃い目の設定でしたね。
「効率厨」なので『好意を寄せる相手には好かれる態度を取るはず』と主張して、癖の強いヒロインから嫌われていると受け止めている設定は悪くなかったです。

想像していたより中身のある話でしたが、個人的には普通に友人妹に翻弄されるイチャラブみたいなのが読みたかったなあ……。
バニラアイスを食べようと思っていたら、デカ盛りのパフェが出てきたような気分でした。」

「トマリ先生が描く可愛い表紙が目印。とても楽しめました!効率厨の明照はクラスでは目立たない存在だが、実は人気アプリゲーム製作集団「5階同盟」のプロデューサー兼ディレクター。明照には卒業後の野望があるが、実現には伯父の協力が欠かせない。協力する条件として、娘の真白のニセの恋人となり、学校の男子生徒から卒業まで守るよう命ぜられ・・・。最近はやりの「ウザかわ」ヒロインである彩羽と塩対応ヒロインの真白が、今後明照とどう関係を深めていくのか楽しみです。今回は登場人物紹介回ですね。これからの展開に大期待!!」

ぜひ読んでみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。