【感想】「コミュ障」だった僕が学んだ話し方(吉田照美)のレビューをまとめてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・自分のコミュニケーションが自信がないため手に取った本書。実践的な会話方法が多くて面白かった!話し手のときは伝えたいことをデフォルメしてわかりやすく、聞き手になるときは質問と相槌と想像力を使い分けて行くことが重要だと感じた。

・人との付き合いについての技術のことも書かれているのだけれど、通して書かれているところは、そこに心が入るかどうかということなんだと思う。吉田照美さんのラジオの名調子を聞いているようなリズム感のある文体でとても面白かった。

・コミュニケーションが苦手だった作者がその能力を高めた方法が記述されている。テレビでアナウンサーされている人はどのようにしてその能力を高めたか気になる点である。私は今も苦手であるが、紹介されている手法をまねて努力したい。最後に「失敗を恐れず、どれだけ場数を踏んでいくか」肝心なのはそこです。至言ですね。

・この本で書かれているとことは、一見すると当たり前のように思える事柄が多いですけど、それを実社会で感じ取り実践してきたからこそかける吉田さんの人生訓(ラフに書くとエッセイ)を読んでいるように思いました。

・「話し下手」な人は、「話し上手」を目指さず、「素直に思いを伝える」ことを目指そう。 自分の失敗をとことん話そう。日常の中に面白いネタはある。自分にしかわからない話をするのではなく、どんな風に話せば伝わるかを考える。苦手な人、無口な人へ、どう伝えたらいいかと考える。「おうむ返し」には、会話を盛り上げる力は無い。。。 僕も、話し下手な人なんで書かれている事はよくわかる。きちっと起承転結をつけて話をされる方は、頭がいい人か、影でめっちゃ努力している人。飽きっぽくてコツコツと努力する僕には、話し下手が丁度よい。

・コミュ障でもコミュニケーションが円滑になるようなとっておきのコミュニケーション術…というのを期待して読みましたが、コミュ障にスポットを当てているという印象は薄く、むしろラジオのアナウンサー体験談、といった印象を強く受けました。

その中にも、一般的にコミュニケーションに有用なポイントはたくさん書かれているのですが、一般に広く役に立ちそうな部分については、他のコミュニケーション本にもよく書かれている内容ばかりでした。そのため、筆者のアナウンサーとしての経験に特段の興味がないようでしたら、敢えてこの本を選ぶ必要はないように感じました。
ラジオのアナウンサーならではのコミュニケーションのポイント、も出てくるのですが、その点は正直一般のコミュニケーションでのポイントとは少しずれるのかな…と思ってしまいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。